台湾初心者の戯言

台湾の大学に生息中の日本人が、華やかに見られがちな留学生活とは遠くかけ離れた、凋落した留学生活を書き残すための備忘録。

カステラおいしい。

f:id:Hsiao-Jen:20180414170705j:plain

テストだテストだ、しんどいしんどい。

一教科必修科目で中間テストをやらないことになり、若干負担は減ったとは言えど実際は焼け石に水程度である。

しんどいことに変わりはない。

既に一教科はテストを終えて答案が返ってきた。

結構入念に準備したし手ごたえもあったが、結果はボロボロ。

単位が危ないレベルではないと思うが、それでも納得できる結果じゃない。

自分の能力の足りなさにとてもイライラする。

しかしイライラして潰れるとまずいので、今夜も元気にポエム書いて気持ちを保つ。

 

 
器用になりたい。

イライラしすぎたところで、何も生まれることなんてない。

ストレス溜めすぎて抜け出せなくなった結果、10代のほとんどをうつ病で棒に振ったんだからさすがにそれぐらいはわかる。

しかし最近一つ気づきたくないことに気づいてしまった。

10代の色々で免疫がついたのか、以前のようにどん底に落ちるまで病み切ることはなくなった。

しかしストレスの消化方法は、以前から大きく進歩したわけではないのかもしれないと。

今これを書いている現状では、自分がそこまで大きくストレスを感じているような気はしてないのだが、振り返ってみればここ数週間どっと疲れているような気がする。

最近朝起きれないことはないが、目覚めがあまりよくないときがある。

聞いた話and自分の経験上だが、精神が病むと中々起きれなくなる傾向にあるらしい。

自分で気づかぬうちに、いつの間にかストレスを溜めていたのかもしれない。

明確な原因はわからないけど、おそらくテストのストレスと将来に対する不安みたいなものが悪さしてるんだろう。

最近将来のことをまた考える時間が増え、考えてるだけで先に進まないのでそれが悪い影響を及ぼしているんだと思う。

 

幸い以前と違いこの歳になってようやく、ある程度気持ちを切り替える能力を身に着けた。

幸せな時は全力で幸せを感じられるようになったし、それが辛いときの助けにもなってくれる。

けどいつどこでどんなことが起きるかなんかわからない、ある程度外部環境に変化があったとしても、自分の領域は一定レベルに安定できるぐらい器用になりたいと思った。

 

あんま関係ない話。

インターネットのおかげで、たとえ台湾にいようと日本の新聞社の国際版を待つことなく最新のニュースをだいたい得ることができるようになった。

国際版だと学内の図書館に届くまで3日程ラグがあるのと、学校に届くのが「毎日」と「朝日」だけなので、偏りが激しい。

意図的なのかたまたまなのかはわからないけど。

とにかく割とリアルタイムで色んな情報を得ることができる。

相変わらず日本のメディアは安倍政権降ろしをしたいのか、大きく動こうとしてるお隣の半島問題やその他国際問題にはほとんど触れずに、日々政権の粗探しに必死なようだ。

 

その中で一つ、イラクの日報問題について少し気になったので触れておきたい。

ちなみに戦闘行為云々の話は憲法自衛隊の在り方に関わる非常に大きな問題であるが、それに関してはこれ以上触れようとは思わない。

というか触れる勇気がない、いまの知識では。

Twitterでも連日盛り上がっている日報問題だが、注目されているのはその中身。

ただし戦闘行為の有無に関するものではない。

当時着任していた隊員たちが書いたと思われるある種の「日記」のようなものが、内容が面白いともてはやされているらしい。

ぼく自身時間がなくて、Twitterで挙げられてるもの以外は日報にはほとんど目を通せていない。

というわけで随分浅いままの主張だが、日本人ってやっぱり悪い意味で「平和」過ぎるなと思ってしまった。

戦闘行為があったとも言われているイラク派兵であるが、とにかく自衛隊員たちは相当過酷な状況に置かれていたことがこの日報の内容から容易に考察できる。

これを書いた当人たちが、今こういう形でネタにされててどう感じているのかは知らないけど、過酷な状況で神経すり減らした状況の中で残した文章に対して、こういうのはちょっと酷すぎる仕打ちじゃないかと思う。

ネットだけじゃない、結局この日報も中身の重大さよりも隠蔽したことに対して重点置かれてる感否めないし、それを使われる先は政争のネタである。

自衛隊員の人たちの大変さをこれっぽちもわかってないから偉そうなこと言えないけど、さすがに酷すぎる仕打ちだと思う、全部。

感情論でごめん。

 

日本からのお土産。

f:id:Hsiao-Jen:20180419220304j:plain

日本に一時帰国してた人がお土産を買ってきてくれた、福砂屋っていうとこのカステラ。

随分久々にカステラを食べたけど、ザラメが多めでとてもおいしい。

思わず顔がほころんでしまう。

自分が単純なだけだと思うけど、甘い物たべるとめっちゃ元気出る。

一週間の疲れもどっと吹き飛んだような気がした。

何よりぼくの心をつかむようなお土産がめっちゃうれしくて、いろいろな疲れが吹き飛んだ気がした。ありがとう。

 

 

とにかくあんまり考え続けることはやめて、目の前のことを確実に潰していくことから頑張る。

考えすぎても得られる結果は大したものでないから。

 

Hsiao-Jen.