台湾初心者の戯言

台湾の大学に生息中の日本人が、華やかに見られがちな留学生活とは遠くかけ離れた、凋落した留学生活を書き残すための備忘録。

それは虚像かそれとも現か

f:id:Hsiao-Jen:20190327211942j:plain

この間なんだか不思議な夢をみた。

その日は朝起きるのが遅い日で、早く目が醒めすぎたのでもう一度寝たんだと思う。

夢の中で、ぼくは何故か公務員になっていた。

一回も公務員になりたいなんて思ったことはないのに。

何故だかわからないが柳葉敏郎がぼくの上司だった、上官と呼ばれてた。

柳葉さんは好きな俳優だけども。

何を言われたかは覚えてないが、仕事に関する指示を受けた。

それを進めようとしてたら更に近い直近の上司(何故か中学時代の先生)に、それは法律違反だから上官(多分柳葉敏郎)に事情を説明して撤回してもらえと言われた。

何故かそのとき自分は千駄ヶ谷にいて、上官っていう人に会いに行くために二重橋に向かってた。何故だかわからないけど、時間に追われてて必死になっていた。

外は夜遅くで雪が降っていて、何故か歩いて行こうとしてたんだけど途中でタクシーを捕まえた。

タクシーに乗ったら、何故か大雪の中代々木上原の裏あたりを走っていて、タクシーはそのまま曲がるときに左右確認用のオレンジ色の鏡の柱にぶつかって止まった。

 

起きてからめちゃくちゃ気分が悪かった、夢に対して何か嫌悪感を抱いているというよりかは、ただただ気分が悪い感じがした。

多分だけど、頭の中に行政程序法(台湾)がぐるぐる回ってたんだと思う。

行政程序法 第150條 法規命令定義

行政程序法 第158條 法規命令之無效

行政程序法 第174條之1 職權命令之過渡條款

 

そんなこんなで、明日も9時から3時間行政法である。

 大体こんな感じ、ある意味かつてないプレッシャーとプライドのぶつかり合いを起こしてる気がして、あんまり気分はよくない。

 

気分が沈んでたけど、手帳を見ながら5月は一時帰国できるから頑張ろうと思った。

更に良いことに5月に東京に帰る次の週、上海にも行けることになった。

台湾から離れられる、やったと思った矢先にこんなメールがきた。

 

經上週與老師討論後,目前期中考與報告書繳交時間與範圍確定如下:

  1. 配合老師在4月初將前往美國兩周的行程安排,本課程期中考將提前訂於4/x在xxx教室舉行。考試範圍至下周4/x的上課進度為止。

なんでこう人が上がってるところにこう落として来るんだろうか。

一気にいろんなことが嫌になった。

 

嫌なことが重なったからついでに一つ言っておこうと思うけど、留学することによってそれ自体には優位性なんてないよ多分。

むしろ失う機会やものは相当大きいし、あんまり安易に留学とかしないほうが良いと思うよ。

 

また気を失うように酔いたい。

 

INSOMNIA

INSOMNIA

 

 

Hsiao-Jen.