台湾初心者の戯言

台湾の大学に生息中の日本人が、華やかに見られがちな留学生活とは遠くかけ離れた、凋落した留学生活を書き残すための備忘録。

鈍痛と朦朧と

1ヵ月以上はてなに来てなかった。

別に飽きたわけではなくて、日本に帰ってきてからPCを開ける時間が激減して、それでブログをじっくり書く余裕がなくなったので、それでここに来る頻度が減ってしまった。

日本に帰ってきてそろそろ1ヵ月だけど、彼女に旅行に付き合ってもらったりしておいしいご飯やお酒をたくさん飲んだことは楽しかったこと、残りはほとんどしんどいこと。

就活はまあしんどいと言っても、なんやかんや楽しめるのでそこまででもないんだけど、他のことがそれなりに物理的・精神的にしんどくて、就活できるのと彼女に会えるのと友人にすぐ会える以外では、正直台湾にいるのとそんな変わらないなと思った。

まあその3つができるので、十分贅沢しているんだけども。

ただ今までの一時帰国のような、夢のような時間を過ごしているという実感は全くない。

日本に帰ってきていつも通りすごい勢いで体重増加してたんだけど、1ヶ月を目前にしてまた体重が減り始めている。

というか、日本に帰ってきてからずっと胃の調子が悪い。

いい加減に時間を見つけて、病院に行かなければなと思う。

 

短い周期で見ると、ここ1年はちょっとしんどい時期がちょうどいろんなものと重なってしまっているのだと思う。

台湾にいても、日本にいても等しく何かに追い込まれている気持ちになっているし、それは自分にとっても周りにとっても、決して良いといえる状況ではない。

自分がその沼に足を取られすぎないようにしなきゃと思うけど、まだ自分がずっと長いトンネルの中にいて、出口のぼんやりとした光すら見えない。そんな気も常にする。

 

またどこかでPCを開ける時間があれば、きっとまた愚痴を吐きに来る。

というかPC新しくしたい。Windowsは難しくて使いこなせないから、ラップトップもMacに統一しちゃおうかなと考えている。

ただお金はない。

 

Red Hot & Rio

Red Hot & Rio

 

Hsiao-Jen.