台湾初心者の戯言

台湾の大学に生息中の日本人が、華やかに見られがちな留学生活とは遠くかけ離れた、凋落した留学生活を書き残すための備忘録。

中国語/台灣華語の拼音系統について(漢語拼音と注音符號)

f:id:Hsiao-Jen:20190106181644j:plain

あけましておめでとうございます、昨年1年間このブログに足を運んでくださった方々ありがとうございました。

2019年も大学生活にもがき苦しみながら、適当に記事を書いていきたいと思いますので、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

まず最初に頭の写真について、年末知り合いと行った滷味がおいしかったのでシェア。

 - 白帝城川式滷味 公館總店

住所:臺北市中正區羅斯福路四段136巷8號

捷運公館站、國立台灣大學から徒歩圏内。

そこそこいい値段したのと、結構混んでいたので結構待ったんだけど、久々にちゃんとしたご飯を食べた感じ。

麻辣にしたからか、台灣の普通の滷味ってよりかはどちらかというと大陸寄り?っぽい味だった。

おいしかったのでまた贅沢できるときに行こうと思う、ビール片手に食べる滷味はうまい。台啤(台湾ビール)ほんとは金牌より經典がいいけど残念ながらここは金牌だけしかなかった。

 
本日の本題

さて本日の本題、数日ぐらい前にTwitterで中国語学習の上で拼音系統はどちらを使うべきかみたいなツイートを見かけた。

最近台湾界隈?の人たちをTwitterでフォローし始めたけど、おそらく発端は台湾界隈の日本人の人たちのツイートだと思う。

どういう経緯でそのツイートが広まったのかよくわからないんだけど、斜め読みする限りでは中国語学習時に用いる拼音系統の違いで発音がどうこうって話っぽい。

まずまず拼音系統っていうのは何かって話なんだが、簡単にいうと中国語の発音記号と思えばいいと思う。

日本人が中国語(ここでは所謂普通話と呼ばれる北京官話と、台灣華語を指す)を学習する上で、おそらくほとんどは「漢語拼音」と「注音符號」のどちらかを用いて、中国語を学習すると思われる。

なお台湾人は「注音」、中国大陸では「拼音」を使って中国語を学習する。

長くなりそうなので一旦区切る。

※なお途中でも言ってますが、ぼくは言語学は全く学んだこともなくど素人です。

あくまでいち中国語学習者としても個人的な意見ですので、そこの点ご了承下さい。

続きを読む

なにかと葛藤の一年だった

f:id:Hsiao-Jen:20181227154054j:image

さっきはてなからメールがきてた、このブログも今日で1年経つんだって。

わざわざメールがきてびっくりした。でもそれ以上にこうやってメールが来ると改めて、よく自分が飽きずにブログ続けてきたよなあって感じ。

とにかく台湾生活での鬱憤や日々の悩みを吐き出すという点では、このブログはしっかり役目を果たしてくれている。

そして気づいてなかったが、案外見てくれてる人がいるみたい。

結構はてなを使ってない人が見てくれていたりするらしくて、それで余計に気づかなかった。私の拙作を見ていただいているみなさまに感謝。

 

もうすでに2年半近く台湾に住んでいるが、このブログを始めてから今までの一年もやっぱり葛藤だらけの一年だった。

大学3年生になってもやはり慣れないことには慣れないというか、居心地に対する違和感というのは常に感じる。多分それはもし10年20年住んでも同じだろうと思ってしまう。

生活習慣という点では随分なじんではいるのだが、どこか心の中でそういう風に感じる瞬間がある。理由は不明だが。

 

今週は火曜日に一個大きいプレゼンが終わり一気に肩の荷がおりた感じ。

元々人前でプレゼンとか苦手なのに、中国語を話さなきゃいけないのは毎回言ってるが非常に苦痛。

今回のはグループワークだったので、ぼくの部分はせいぜい3-4分だったのだがそれでも結構しんどかった。

ただ大学3年目にして初めて緊張の度合がマシになった気がする。

内容が多く時間制限ギリギリということもあり、自分の部分は必ず4分以内にしないといけないっていう厳しい条件ではあったし、当然グループ全体の評価に繋がるので適当にやるわけにはいかない。

まあでもとにかく無事終わったからよかった、自分の内容が半分を超えたあたりでいきなり緊張しだしたけど、もうその時には遅かったし一気に読み切った。

現状改善点はたくさんあるけど、それを今すぐあの場で解決できるなら人間はもっと最善手を選択し続けられる生き物になってるから。

 

1個前の記事でも言ったかもしれないが、最近やっぱりもうちょっと台湾にいようかなという気持ちが出てきている。

しょっちゅう日本に帰りたいとは言ってるし心の中でもそうなのだが、それは同時に早くお金を稼いで経済的にも独立したいということである。

ただたった4年で台湾から帰るというのも、少しもったいない気がしている。

かと言って自分の経済的ベースは日本に置きたいので。

というか多分そうしないと将来日本に帰るのが非常に厳しくなるし、台湾で生活基盤を置くというのは日本よりもお金がかかる。だって不動産価格だけ取ったって、あんなん誰が買えるんだよ、そっち方面の学者だって頭抱えてるんだから。

更に勉強好きじゃないくせにもうちょっと勉強したい、近代史かアジア情勢について学びたい。と思ってるから、大学院に行きたいという動機はそれなりにある。

しかし問題は、文系で院に行ってその先どうするかという問題だ。

おそらく大学はこのまま今の大学を卒業することになるけど、そのまま台湾にのこったら台湾で働く?それとも学術界に身を投じる?いや無理無理。

しかも今大学で学んでること(学科)なら、ぶっちゃけ大学出てすぐ仕事したほうがお金になると思うんだよね。

お金の話か、って言われるかもしれないが人生はお金がなくては何もできないでしょ。

何するのにもお金は必要だし、ぼくは自分がやりたいことを不自由なくできるぐらいお金を稼ぐのがモットーだから、そこも非常に大切。

ほんとこの気持ちを誰かに相談したいのだが、現状台湾に相談できる人がいない。

日本人も台湾人もみんな日本に行ってしまうから。

 

こういうことを考えてるうちに、日本に将来性はあるのか。

やっぱり日本から脱出するのもありなんじゃないかと思ったりもするのだが、かと言って台湾も安泰かって言ったら実際かなり微妙なのと、やはり血の中身は入れ替えられない。

きっと自分は日本に帰りたくなるから(というか今も常にそうだし)、とにかくいろいろなことが堂々巡りしてる。

 

昨晩はプレゼンが終わった安心感から反動で何もやりたくなくなってしまい、家に帰ってから長いこと寝てしまった。

というか昼前に帰ってきて、朝から何も食べずに夕方まで寝ていた。

起きてからいろんなことが一気に頭の中回って勉強できなかったので、家の下で叉鴨飯

買ってきてつまみながら深酒してしまった。

なるべくそういう時間は減らしていきたい、そう常に思っている。

日本にいても台湾にいても結構そういう時間はできてしまうが(台湾のが少ないとはいえ)時間を浪費しているだけなのでほんとにやめたい。

先のことを考えるのもいいが、目先のことも気を抜かずにやって実績を積み重ねなさいって自分に常に言い聞かすようにする。今まで以上に。

 

Hsiao-Jen.

 

 

 

台湾の大学あるある

f:id:Hsiao-Jen:20181220223338j:plain

いかにも目次とかありそうな感じのタイトルだが、記事の中身は薄っぺらいです。

もうクリスマスなんだなあって感じ、バスの接近案内にメリクリって出るようになった。

ぼくは夜一人で帰るときにこれを見ると、背筋がぞわっとする。見た目が怖いのでやめてほしい、狂気じみてる。

 

12月も前半は30℃を超えたりとびっくりな気候の台北も、後半になり急に時期相応になる。

あまりに急すぎる温度変化のせいか、また風邪をひいてしまった。

一学期で二回も風邪なんてひいたことない、体温が38℃超えたのなんていつぶりだろうか。今まで体温計がなかったから、結構しょっちゅう出てたのかもだけど。

 

台湾の大学あるある

日本の大学はよくわからないけど、台湾の大学教授は授業中に生徒を当てて意見述べさせるのが結構好きである。

もちろん授業内容や教授によって全然違うけど、ぼくのように名前だけで即日本人だとわかるような名前だと、授業内容によっては急に当てられたりする。

今日は台湾近代史っていう一般教養の授業で、テーマはアメリカ元大統領トルーマンだったんだけど、熱っぽくて意識朦朧としてる時に突然「日本人の学生さ(クラス内にぼくしかいない)君は沖縄に対してどういう印象持ってる?ちょっと前にきて発表してみて」

え?いま?急に?100人ぐらいいるよね?しかも前に出て?

まず意識朦朧としてて前文聞いてなかったので、たまたま横にいた友人に教授が何言ってたかを言ってもらい、そこで事の重大さに気づく。みんなこっち見てる。

ぼくあんまり人前で発表とか好きじゃないんで、こういうのはほんとに「壓力很大」。

前に出るや教授に「名前と学科と自己紹介、出身地」って言われて一通り話した後、沖縄に対する印象ってどんなん?って聞かれて、いやあってなった。

質問が抽象的すぎたのと、考えてる時間もなかったので。

とりあえず「少なくともぼくのような世代は沖縄返還を経験した世代じゃないし、特別な印象は持ってないと思います。」

って言ってしまった、教授からの反応は「うん、これが普通の世間一般の日本人の反応だから。しかも彼は本土生まれ本土育ちだから。」って言われ、これはdisられてるのかな?とも思ったが、気にしないことにした。

とにかく台湾の教授って結構生徒当てるの好き、しかしぼくにとってはめっちゃストレス。いい経験だと思って前向きに捉えてるけども。

 

結構定期的にこういうイベントはある、先々週ぐらいも必修の授業で前週の宿題に対する教授の評価を話す時間があるんだけど、そんときに名前は上がらなかったが明らかにぼくの書いたレポートが取り上げられていた。

評価をされていたので心の中でガッツポーズしてたら、数分後に当てられて「わかんねえ…」ってなって焦った。

その質問自体はこれから学ぶ内容についてのことなので、わからなくて当然なのだがやはり「感受到很大的壓力」って感じ。

来週はぼくの大嫌いなプレゼンがあります、しかしやらなきゃいけないので逃げずにしっかり準備したいと思います。

 

将来に関する悩み

このブログ見ればわかると思うけど、ぼくは台湾にいるうち97%は早くこの国脱出して日本帰りたい。って気持ちなんだけど、残り3%はもうちょっと台湾で勉強したいな。

なんですよね、今やってることと全然関係ないことで修士課程に進みたいと思うことは結構あるんだけど、どのみち文系だし日本で就職したいということを考えている自分にとって、それを選択すると人生設計やり直さなきゃいけない可能性大なので、うーんって感じ。毎回うーんってなって思いとどまるんだけど。

学校が学校だからか、周りはエリートばっかりだし向上心高い子たちが多い。

そして結構台湾の大学生たちは簡単に院進するので(周りだけかな)、そういう意味でも結構考えてしまいがち。

社会に出るまでに誰かに負けないぐらい何かを極めたいってのが、多分心のどっかにあるんだと思う。

ちなみに院進できるとするなら、東アジア研究か台湾史研究かなあって感じ。日本研究ってのも結構あり。全部うちの大学にある。

当たり前だが、どの方向にも絶対的根拠あるメリットなんて存在しないので、あんまり慌てて決めないようにしようと思う。

 

寒い

しかしほんと12月後半になって寒くなってきた。

ぼくは新店というところに住んでいるが、今の家は夜になると室温が15℃まで下がる。

暖房はないのでどうしようもない、マジで湯たんぽを用意するレベルで寒い。

単純な寒さで言ったら日本の方が寒いのだが、台湾の寒さは気温以上に寒いのである。理由は湿度の高さ。日本にいると乾燥した寒さなので、湿気た寒さって体感することがまずない、多分それに体が慣れてないから余計に寒い。

あとは日本にいると、室内が寒いということはほとんどない。

実家はガスの床暖房があったから冬は暖かった。

日本にいた頃は、毎年のように長野の祖父母の家に行っていた。

山奥で夜は氷点下10数℃まで下がるぐらい寒かったが、あそこは石油ストーブと薪ストーブがあった。

しかし台湾の家は当然そんなものはない、外も室内も常にそれなりに寒い。

 

大概就是這樣

今天大概就是這樣、この間台湾人の先輩が日本から一時帰国してた時に「大概就是這樣」ってほんと便利な言葉だよねって話になった。

意味は特にないけど、調べればすぐ出ると思う。

台湾人はほんとすぐこれを使う(イメージ)、ぼくも日常的に多用する。ほんと便利。

 

最後に、先日もうずっと昔からTwitterで仲良くしてくれてる「にんじんちゃん」が、ブログで私の拙作を紹介してくれました。どうもありがとう。

carrot-lanthanum0812.hatenablog.com

変化にとんで、そしてにんじんちゃんの不思議な世界観に引き込まれる感じでぼくは大好きです。みなさんもぜひ。

 

 

The Surfer Moon

The Surfer Moon

 

 

Hsiao-Jen.

現実逃避の香港旅行

f:id:Hsiao-Jen:20181212190807j:plain

以前からずっと言ってたけど、先週末はちょっくら香港に行ってきた。

もともと海外旅行は全然好きじゃないんだけど、何故だか香港だけはすごく好き。

去年も12月のちょうど同じような時期、多分このブログを始める前ぐらいに初めて香港に行ったんだけど、初めて海外旅行が楽しいと思った瞬間がその時だった。

なんやかんや小さい時にアメリカ西海岸に行ったり歩いてメキシコ行ったり、あとは台湾に行ったりとしてはいたんだが、正直今までは自分でお金を払ってまで海外に行きたいと思ったことはなかった。

というかむしろ、お金を払わなくても進んでも行きたいと思わないぐらい海外旅行ってなんか好きではなかった。

正直今も当分はアジアだけでいいやって感じなんだけどもね、とにかく英語をちゃんとやったらもっと楽しくなるなって思った。

そんな感じで旅行記ってわけでもないけど、たまには海外生活してます風アピールをしようと思う。

続きを読む

12月だ師走だ

f:id:Hsiao-Jen:20181204021831j:plain

12月、師走だ。

そんな今日の台北は最高気温31℃、ポロシャツに短パンだった。

バカじゃないの?って言いたくなるぐらい暑い、果たして冬はいつになったら訪れるのか。

まあでも何がともあれ12月がきた、師走だ。

ぼくは10月の秋の訪れと、12月のクリスマスで街全体が寒さの中でイルミネーションが煌々としている感じ、そしてちょっと世の中が緩んだような雰囲気になる感じと、クリスマスが終わったと思えば慌てて新年の準備をして、んでテレビをみながら年越しそばなんか食べて年越しを待つっていう、その雰囲気がすごく好き。

残念ながらもう3年ぐらいそんな生活からは離れてしまっているけど。

 

このブログもそろそろ1年になるらしい、最初の方はもうちょっと真面目に書いてたけど、最近はほんと自分の掃き溜め程度にしかなってない。

留学生活の記録って部分ではこれでいいんだけども。

台湾にいると、1日、1週間、1ヶ月ぐらいまではすごく長く感じるんだけど、不思議なことに1年というのはあっという間に感じる。

もうこのブログを作って1年も経つのか、そんな感じである。

なんとも言えない妙な気持ちだ。この一年で自分は何も変わってない。

 

テストが終わり数週間、休む間も無く期末テストもある。

期末までのプレゼンとか、課題とかもある。気分的には全然休まらない。

ただ課題をさっさと終わらせてしまうと、そこで燃え尽きて何もやりたくなくなってしまうのも、この時期の一番まずいところである。

そんな燃え尽きてぼーっとしていられるほどの余裕はない、意識して予習・復習に意識を向けさせるように努力をさせる。

 

緊張が常に解けないという点ではメンタルに対してはよろしくないのかもしれないけど、メンタルなんて言ってられる立場じゃない今は。

さっさと学業修めて日本に帰っていい仕事に就いてお金を稼いで好きなことをやる。

こっちにいると、仕事はやりがいだ。みたいなこと言いながらボランティアとかイベントとかやる子も多くて、人間できてるなあといつも関心する。

あとは台湾でなんやらかんやらって。

尊敬するけど、自分はそんなできた人間じゃないから真似はできない。

やりがいとか国際交流に力を入れまくってられるほど、勉強に余裕もないし。

みんなどうしてるんだろ、台湾人以上にそういうところ注力してるのに成績取れるのいいなあ。

深夜テンションで段々悪いこと言ってしまってた、こういうのよくないので気をつける。来年の目標。

 

今週は日本からお客さんが2人くる。

一つは今日の夜、日本時代に中国語を教えていただいた先生。台湾に来てからも色々なことでお世話になっている。

軽く人集めやらスケジュール調整やらやったけど、そういうことを任せて頂けるのは非常に光栄である。

もう一つはもうちょっと後、日本に交換留学に行った台湾人の先輩が一瞬だけ帰ってくるというので、無理言って時間作ってもらった。

週末は国外逃亡する。

 

たまには台湾のニュースを

tw.appledaily.com

日本でもニュースになってたらしいが、先日台湾では統一地方選+国民投票だった。

ぼくに参政権はないので結果に関しては何も言わないが、一つだけ。

国民投票のうちの一つにオリンピックに参加する上で、現状の「中華台北」(チャイニーズタイペイ)を「台灣」名義にするべきか。っていう国民投票があった。

結果は現状維持が多数だったんだけど、このニュースは何かって日本のある団体が署名活動集めてるらしい、台湾名義にしようって。

いや、なんだろう。何の立場なんだろう。

国民投票を一体なんだと思っているんだろうか。

あんたら韓国人に自国の投票結果口出されたら散々言うでしょうに。

ちなみにネットで多くみたのは、國民黨が地方選で多数派だったから親中寄りになるって。

そんな必死に騒ぐ必要ある…?というかまず國民黨が多数派になった理由は親中か否かって言う単純な問題じゃないしね。

 

いっつも思うんだけど絶対そういうこと言っちゃう日本人って、いつまでも頭の中で台湾は自分たちの国だと思ってるよね。

たまたま今学期、日治時代(日據時代)に関するレポートをすでにたくさん書いてるから、それのついでにちょっとネットでそういうのみているんだけど、いつまで頭の中大日本帝国なんだよ。やばいってそれ。

 

あんま言うと怒られそうなんでこの辺にしておきます。

体の節々が痛いってか熱っぽい気がするんだけど、また風邪ひいたのかな。

早く寝よ。

 

Hsiao-Jen.

スーパーニッカ

f:id:Hsiao-Jen:20181126224413j:plain

テストは終わったのに以前として憂鬱な気分だ。

自分の能力のなさに対する焦りと、一旦休みたいという気持ちが葛藤してるのかな。

今夜は大好きな大滝詠一さんの、Niagara Calendarを聴きながら軽く勉強。

大滝さんのアルバムは広く好きだが、ベスト三本指に入るぐらいカレンダーは好き。

セールス的には鳴かず飛ばずだったと言われているけども。

 

なんやかんや3日に一回ぐらいお酒をちびちびしてるんだけど、今日は焼酎飲んでたら途中からウヰスキーの気分になったので一口。

スーパーニッカ、2,000円ぐらいで売ってる特別高くないウイスキー

正直ナメてたんだけど、今はこの瓶に頭が上がらない。

ちょっとスタウトビールを思わせるような甘さ、麦の甘さなのかなあ。

最近異常に高くて大して美味しくないノンエイジの山崎とか白州飲むぐらいなら、このぐらいのクラスのウイスキーのがよっぽど美味しいと思ってる。

 

ぼくはサントリー・オールドやスペシャリザーブもすきだが、サントリーはどちらかといえばお利口さんウイスキーって感じ。

これも上品だけど、この甘さはスーパーニッカおいしいなあってなる。

実家帰ると、肉とか食べながらアイラだなあ。ってなるけども、台湾にいる分にはこれぐらいがおいしいのかもしれない。

 

お酒はいつだって裏切らない気がするなあ。気がするだけ。

 

Hsiao-Jen.

ペースを乱さない

f:id:Hsiao-Jen:20181118225713j:plain

スケジュール上は、大学のテストウィークは終わった。

ところが必修の教授が気を利かせてなのか、テストを1週間遅らせるということで来週金曜日もまだテスト。

今回の中間テストの中で最もネガティブ要素が多いテストなので、勉強できる時間が増えたと前向きに捉えよう。

 

ちょっと最近メンタル乱し気味な感は否めない。毎回テストの度にこうなる。

強くストレスがかかっているような自覚もある、ただ外的ストレスなので減らせないし、結局は自分でうまく処理するしかない。

なんとか平常心でいれるようにこらえて、とりあえずテストウィークって山は越えたから、また勉強をこつこつやりつつ日々のレポートを片付ける日常に戻る。

とにかくどんなことでも、自分のペースに持って行けないとダメだということだ。

辛いことも自分なりのペースに持って行けば、それが現状自分が出し切れる一番の効率で出せると思うし、常にどんなこともそうやってもっていけるようになりたい。

その為には今の勉強が欠かせないのだと言い聞かせるのも、逆に学生生活をしている今でしかできないことだから、その二つをもうちょっとうまく両立できたらなと思う。

自分には高すぎる理想だけど、目標と夢は大きく高く持つが自分のモットーだし、それがないとモチベーションも上がらないから。

続きを読む